婚姻届のハプニング

予定を組んでいても婚姻届を渡すが遅れてしまった。本当に希望通りに出来るのか不安になってくる。婚姻届はなんとかセーフだったが、イレギュラーを想定してなかったのを反省する。

婚姻届をしまっておく

婚姻届を持って

自分たちの所は全て書き終えて、それぞれの親に証人になってもらうために、婚姻届を持って今日は各実家を回る事になった。まずは私の家からだけど、特に問題なく終わった。そして旦那の実家に行った時に事件は起こる。なんといきなり間違えてしまった。訂正したものを出すのは絶対に嫌だから、もう一度書き直してもらい、また私の親に婚姻届を持っていって書いてもらった。まぁ間違いは誰にでもあるので仕方ないけど、電車移動は疲れる。

婚姻届のチェック

しかもまた間違ったらと思うとゾッとする。これで婚姻届は完成したから、市役所が開いてる平日の朝にでも行ってチェックしてもらおう。また同じ出張所でチェックしてもらい、特に問題はないので大丈夫とのこと。これで婚姻届の準備は完了。あとは当日にヘマをしなければ無事に法律上の夫婦として認められる。披露宴の準備もこれから取りかかるので、非常に忙しくなるぞ。もう会場は目星がついてて、下見に行って申込みをしようという段階まできてる。

婚姻届が夜間になってしまう

絶対になくさないように婚姻届をしっかりしまっておく。会場で担当のスタッフと話し合った結果7月1日に決定する。ここに向けてあと3ヶ月で全ての準備を完了させる。幸いにも招待するゲストについては、すでに決まってるので悩まなくてすむ。少人数でやる予定なので、凝った演出も必要ない。あとはどのタイミングで婚姻届を出しに行くかだけど、やっぱり全部終わってからがベストだけど、結構遅い時間になってしまったから、夜間受付になる。